ホーム > ショパン > ラルゴ 変ホ長調

ショパン :ラルゴ KK.IVb/5 CT49 変ホ長調

Chopin, Frederic:Largo Es-Dur KK.IVb/5 CT49

作品概要

作曲年:1837年 
出版年:1938年 
初出版社:Warsaw
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:性格小品
総演奏時間:2分30秒
著作権:パブリック・ドメイン

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (272文字)

更新日:2007年9月1日
[開く]

正確な作曲年は不明であるが、自筆譜の「パリ7月6日」という書き込みから、少なくとも1832年以降に作曲されたことがわかっている(1831年7月6日にはまだパリに到着していないため)。一般的には、1837年頃の作品であると考えられている。この作品は、ショパンの死後、20世紀に入ってから、1938年にパリで発見され、同年に出版された。

コラール風の作品で、ラルゴと指示された4分の4拍子で書かれており、2部形式の形をとっている。自筆譜には、第17小節以降の後半部分のリピート記号が記されていないが、パデレフスキ版にはこのリピート記号が付されている。

執筆者: 齊藤 紀子
現在視聴できる動画はありません。