ホーム > モンポウ > 前奏曲 第6番

モンポウ :前奏曲 第6番

Mompou, Federico:Prelude No.6

作品概要

作曲年:1930年 
出版年:1952年 
初出版社:Salabert
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:前奏曲
総演奏時間:5分00秒

解説 (1)

執筆者 : 和田 真由子 (308文字)

更新日:2008年6月1日
[開く]

前奏曲の5~10番は、1930年~51年にかけて作曲され、《6つの前奏曲》として翌年1952年にSalabert社より出版された。

この《前奏曲第6番》がかかれたのは1930年。左手のために書かれているという点で、前奏曲の中では特異な存在である。モデラート―カンタービレ・エスプレッシーヴォ。全体としては、冒頭の動機が発展していく形でかかれている。拍子、調号はなし。小節線も一切かかれておらず、演奏者に充分なルバートが求められる。曲の構造を把握した上で、一つ一つの音の余韻をいかに演出していくか。打鍵や息づかい、ペダルの踏み方などにおいても集中力、繊細な耳を要する。心の内奥を震わせるような、悲しくも美しい一曲である。

執筆者: 和田 真由子
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0件)

現在楽譜は登録されておりません。