ホーム > ピアノ曲事典 > サティ > 3つのサラバンド

サティ :3つのサラバンド

Satie, Erik:3 Sarabandes

作品概要

作曲年:1887年 
出版年:1911年 
初出版社:Rouart-Lerolle
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:17分00秒

解説 (1)

執筆者 : 石川 伸幸 (854文字)

更新日:2007年6月1日
[開く]

そもそも‘サラバンド’とは、17~18世紀にかけてヨーロッパで発展した3拍子系の舞曲。緩やかな(厳かな)テンポと2拍目のアクセント(2拍目と3拍目が結合される)が特徴である。

サティの『3つのサラバンド』は、1887年に初演されたシャブリエのオペラ『いやいやながらの王様』に影響を受けたといわれている。しかし、少なくとも音楽内容的には7、9の和音の未解決やそれらの並行連結など、その先(印象主義音楽)を垣間見せているだろう。また、ドビュッシーの『ピアノのために』(1896年~1901年)の「サラバンド」に影響を与えたと考えられている。各曲の特徴は以下の通り。

サラバンド第1番

変イ長調で書かれてはいるものの臨時記号の多用で調性は曖昧。3曲中、最もシンプルで緩やかであるが、時々割り込むアクセントが印象的。

サラバンド第2番

嬰ニ短調。リズムは第1番と似ているものの8分音符の増加によりやや音楽に動きが出ている。重厚な和音が印象的。ラヴェルに献呈。

サラバンド第3番

変ニ長調。3連符の多用により3曲中でもっとも活発な曲。

3曲まとめて演奏する(聴く)と、第1番から第3番にかけて徐々にサラバンドのイメージが発展させられていくのが分かるだろう。

内務省に務めていたシャブリエは、1880年にミュンヘンでワーグナーの楽劇『トリスタンとイゾルデ』(調性崩壊の象徴としてのトリスタン和音)を見たことで音楽に専念し始めた。その時代的な流れを意識しながら作られたオペラ『いやいやながらの王様』(1887)。それに影響を受けたサティ。そして、そのイメージは印象主義音楽の代表的作曲家‘ドビュッシー’に受け継がれていく。『3つのサラバンド』が作曲された翌年、後に発展するミニマル・ミュージックの予見を垣間見ることが出来る『3つのジムノペディ』が作曲される。サティ自身が確信犯的に時代を先取るつもりがあったのかどうかは定かではない。しかし、こうして歴史を顧みる時、サティの曲には後世に発展する様々な音楽の‘種’がまかれていたことに感嘆する。

執筆者: 石川 伸幸

楽章等 (3)

第1番

調:ヘ短調  総演奏時間:6分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第2番

調:嬰ニ短調  総演奏時間:5分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第3番

調:変ロ短調  総演奏時間:5分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

現在視聴できる動画はありません。