ホーム > ピアノ曲事典 > リスト > 「ドン・ジョヴァンニ」の回想(モーツァルト)

リスト :「ドン・ジョヴァンニ」の回想(モーツァルト) S.418 R.228

Liszt, Franz:Réminiscences de "Don Juan" (Mozart) S.418 R.228

作品概要

作曲年:1841年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:リダクション/アレンジメント
総演奏時間:17分30秒

解説 (1)

執筆者 : 和田 真由子 (752文字)

更新日:2007年10月1日
[開く]

リスト : 「ドン・ジョヴァンニ」の回想 / Reminiscences de 'Don Juan' S.418

モーツァルトの傑作オペラ《ドン・ジョヴァンニ》の主題による編曲作品。1841年、リストが30歳のときに作曲し、デンマークの王、クリスチャン8世に献呈された。大きくは三つの部分からなり、騎士長のテーマ、ドン・ジョヴァンニとツェルリーナの二重奏『お手をどうぞ』、騎士長のテーマと、ドン・ジョヴァンニのアリア『シャンパンの歌』が絡み合った部分にわけられる。

この曲の場合、原曲をすべて忠実に再現したというよりは、旋律を引用しながら、それらがリストによって再構築された形になっている。

跳躍し、連続するオクターブ、めまぐるしく動き回る音階、圧倒的な音響など、難曲中の難曲ともいえるヴィルティオーゾ作品である。たたみかけるように繰り広げられる名人芸は、まさに見物である。また、リストによって1877年に二台のピアノ用の編曲もなされており、華やかな演奏効果をあげている。

第1部分:冒頭、ドン・ジョバンニによって殺された騎士長の、呪いのテーマが重々しく鳴り響く。おどろおどろしく上下に激しくはしりまわる音階は、騎士長の復讐を暗示する。

第2部分:第一部分とは一変して、明るい雰囲気をもつ。ドン・ジョバンニとツェルリーナの二重奏『お手をどうぞ』が甘くたっぷりと歌われる。ほぼ忠実な形で再現される。そしてこの主題は、さらに華麗な装飾をみせながら変奏、展開される。

第3部分:ふたたび騎士長の呪いのメロディがきかれる。場面はドン・ジョバンニは、騎士長の亡霊を晩餐に招待するシーン。騎士長の不気味なテーマとの絡みを効果的にみせながら、ドン・ジョバンニの『シャンパンの歌』で息をつく間もないほど圧倒的なフィナーレを形成する。

執筆者: 和田 真由子

ピティナのYoutubeチャンネル (3)

その他の音源・動画 (0)

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。