ホーム > ピアノ曲事典 > シューマン > 序奏とアレグロ・アパッショナート(ピアノとオーケストラのための) ト長調

シューマン :序奏とアレグロ・アパッショナート(ピアノとオーケストラのための) Op.92 ト長調

Schumann, Robert:Introduktion und Allegro appassionato. Konzertst_ück für Klavier und Orchester G-Dur Op.92

作品概要

作曲年:1849年 
出版年:1852年 
楽器編成:ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) 
ジャンル:管弦楽付き作品
総演奏時間:15分30秒

解説 (2)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (220文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

ピアノ小協奏曲とも呼ばれるこの曲は、シューマンのイ短調のピアノ協奏曲の影にかくれてあまり演奏される機会に恵まれないが、優雅で穏やかな情景と情熱的で多彩な楽想がコンパクトにまとめられた魅惑的な小品である。1849年にドレスデンで作曲された。

序奏は4分の4拍子のレント。のどかでゆるやかな音楽で、殆どがアルペジオのパッセージで書かれている。アレグロ部は2分の2拍子に転じ、ホ短調の力強い主題に始まり、様々に転調し、曲想はどんどん変化を繰り返す。

総説 : 上山 典子 (1156文字)

更新日:2018年3月12日
[開く]

楽章等 (1)

序奏:ラングザーム-アレグロ

総演奏時間:15分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)