ホーム > ピアノ曲事典 > リスト > 調のないバガテル

リスト :調のないバガテル S.216a R.60c

Liszt, Franz:Bagatelle ohne tonart S.216a R.60c

作品概要

作曲年:1885年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:バガテル
総演奏時間:2分50秒

解説 (1)

執筆者 : 和田 真由子 (360文字)

更新日:2007年8月1日
[開く]

「私は調性を抹殺したいのだ」と、1873年、リストはヴァンサン・ダンディらに語っている。協和音、伝統的な調性、因習的な形式を否定するようなリストの作曲は、当時の人々にとっては非常に急進的なものであった。《調のないパガテル》は、音楽史上、“調がない”ことを宣言した初めての曲である。リスト晩年1885年の作品。

1956年に出版され、近年、高く評価され、とりあげられるようになった。もともと、《メフィストワルツ第4番》とともに手がけられたワルツ作品であることから、この曲も《メフィストワルツ第4番(無調の)》とされることもある。中心音が決まらず、その調性は捉えどころがない。

曲の冒頭では悪魔の音程として知られるH-Fのトリトヌス(三全音)がみられる。

また増4度と減7度の和音が多用され、曲は漠然とした雰囲気に満たされている。

執筆者: 和田 真由子

ピティナのYoutubeチャンネル (0)

現在視聴できる動画はありません。  

その他の音源・動画 (0)

現在視聴できる動画はありません。