ホーム > ショパン > 子守歌 変ニ長調

ショパン :子守歌 Op.57 CT7 変ニ長調

Chopin, Frederic:Berceuse Des-Dur Op.57 CT7

作品概要

作曲年:1843年 
出版年:1845年 
初出版社:Breitkopf und Härtel
献呈先:Elise Gavard
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ベルスーズ(子守歌)
総演奏時間:5分00秒

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (198文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

ショパンは「子守歌」を1曲しか書いていないが、これは地味ながらもピアノ演奏上の技法をこらした、繊細な美しさを示す傑作で、1844年に作曲された。

曲は、単純な和声で書かれた左手の伴奏音型が殆ど変化せずに進行するが、流麗な4小節の主題が元となって変奏される旋律は、独奏的なあらゆる手法で彩られている。規模も小さく、単なる可憐な小品のようではあるが、そこに盛り込まれた作曲技法はどれもが正に絶妙である。

編曲・関連曲(1)

楽譜 (8件以上)全件みる