ホーム > ショパン > ロンド(2台のピアノのための)(遺作) ハ長調

ショパン :ロンド(2台のピアノのための)(遺作) Op.73 CT196 ハ長調

Chopin, Frederic:Rondo (pour deux pianos) (œuvre posthume) C-Dur Op.73 CT196

作品概要

作曲年:1828年 
出版年:1855年 
初出版社:Berlin
楽器編成:ピアノ合奏曲 
ジャンル:ロンド
総演奏時間:9分00秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (218文字)

更新日:2007年9月1日
[開く]

1828年に作曲され、ショパンの死後、1855年に出版された。ピアノ・ソロ用のロンドを作曲した年に、ショパン自身により、2台ピアノ用に編曲されたもの。しかし、出版自体は、こちらの方がソロ版に約一世紀先立っている。

基本的には、ピアノ・ソロ版と大差はないが、音域が広げられているため、和声の響きが大幅に豊かなっている。また、曲全体を通して、トリルなどの装飾が施されており、2台ピアノ故に可能となる左右の手のユニゾンによる補強もなされている。

執筆者: 齊藤 紀子
現在視聴できる動画はありません。