ホーム > ローゼンブラット > クリスマス・ファンタジー

ローゼンブラット :クリスマス・ファンタジー

Rosenblatt, Alexander:“Christmas 〓Fantasy”

作品概要

作曲年:2001年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:幻想曲

解説 (1)

執筆者 : 加藤 麗子 (278文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

12月のクリスマスの季節には、世界のキリストを信仰する国々で様々なクリスマス・ソングが歌われる。この曲は最も有名なクリスマス・ソングによるパラフレーズである。世界初演はニコライ・トカレフ。

ドイツの「モミの木」、オーストリアの「聖しこの夜」、ロシアの「小さな松」、アメリカの「ジングル・ベル」が鮮やかに作品を飾る。例によってジャズの語法を交えた和音、楽節、リズムを使用している。ロシアのクリスマス・ソングのオリジナルは素朴でどことなく物悲しさ感じさせるものだが、この曲中では女性的な甘いタッチで描かれている。ちなみにロシアのクリスマスは1月に行われるそうだ。

執筆者: 加藤 麗子
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (0件)