ホーム > ピアノ曲事典 > ショパン > ソステヌート(ワルツ) 変ホ長調

ショパン :ソステヌート(ワルツ) KK.IVb/10 CT223 変ホ長調

Chopin, Frederic:Sostenuto (valse) Es-Dur KK.IVb/10 CT223

作品概要

作曲年:1840年 
出版年:1955年 
初出版社:Francis
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ワルツ
総演奏時間:2分00秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (345文字)

更新日:2007年6月1日
[開く]

1840年に作曲され、1955年に出版された変ホ長調のワルツ。正式な献呈とはなっていないが、ショパンの弟子で銀行家のエミール・ガイヤールのために作曲したとされる。

ショパンの死後にフォンタナがワルツとして出版したため、冒頭に「ソステヌ-ト」と記されているこの作品を、ショパンがワルツとして作曲したか否かは確かではない。

2部形式により、前半の旋律を右手が、後半の旋律を左手が奏することが特徴的である。そのために、短いながらに前半と後半での性格の違いがはっきりと打ち出されている。演奏に際しては、このような旋律の音域に留意すると良いだろう。また、旋律にあてがわれる伴奏は、右手で奏する際も左手で奏する際も、1拍目の有無や、単音に続く和音ではなく和音に続く単音となる等、手の込んだものとなっている。

執筆者: 齊藤 紀子

ピティナのYoutubeチャンネル (0)

現在視聴できる動画はありません。  

その他の音源・動画 (1)