ブルグミュラー :18の性格的な練習曲 陽気な女 Op.109-6

Burgmüller, Johann Friedrich Franz:18 Etudes de genre (faisant Suite aux Etudes faciles op. 100) L'enjouée Op.109-6

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲
総演奏時間:0分50秒
著作権:パブリック・ドメイン

ピティナ・ピアノステップ

23ステップ:応用3 応用4 応用5 応用6 応用7

楽譜情報:10件
  • クリックして画像を開く
  • tab
34159 1

解説 (1)

演奏のヒント : 大井 和郎 (813文字)

更新日:2020年11月30日
[開く]

全体の流れと構成:

Allegrettoと標示されています。16分音符は曲中最後の1小節を除き他全ての小節に書かれてあり、一時の休みもありません。歌の要素ではなく器楽的要素、舞踏的要素が感じられる曲です。

しかしながら、メトロノームのように正確に進むのではなく、即興的な自由さ、流暢さが欲しい曲です。

ペダルに関して:

全ての右手の16分音符にはスタッカートが書かれていますが、それにも関わらずペダルマーキングが付いています。巷の動画では、ペダルを入れていないヴァージョンもありますが、筆者個人的にはどちらでも良いと思っています。入れたり、入れなかったりして色々試し、好みの奏法を奏者が決めれば良いでしょう。

ルバートに関して:

前述したように、メトロノームのように正確に弾く演奏もあり、それも否定はしませんが、例えば、5小節目から徐々にテンションが高まり8小節目に達するような場所は、テンポを前向きに、少し早めに弾き、8小節目で今度はテンポを引っ張るような、自由さがあって良いと思います。

筆者も試して見たのですが、この曲を自由にルバートをかけるのはなかなかテクニック的に難しい作業になります。しかし聴いた感じはとても流暢に、華やかに聞こえますので是非練習して、右手のパッセージを自由にさせてみては如何でしょうか?

その他の注意:

17小節目と19小節目のそれぞれ3拍目は、右手のパッセージに左手が入ってきますね。その音だけを少し強調させたかったのだと思いますが、この左手で取る作業が苦手な奏者は、何も左手を使わず、右手だけでそれぞれの3拍目を弾いても問題ありません。楽な方を選んで下さい。

21-22小節間、左手にGis-A H-C というメロディーラインが出てきます。繰り返しの際には、左右の強弱を異ならせ、全く同じにならないようにします。この21-22小節間、繰り返しの2回目は、左手をかなり強く強調しても音楽的には面白くなると思います。

執筆者: 大井 和郎

ピアノ曲事典オーディション入選&参考動画(1件)

Music Boxのお勧め

楽譜 (8件以上)全件みる