ブルグミュラー :18の性格的な練習曲 陽気な少女 Op.109-6

Burgmüller, Johann Friedrich Franz:18 Etudes de genre (faisant Suite aux Etudes faciles op. 100) L'enjouée Op.109-6

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲
総演奏時間:0分50秒
著作権:パブリック・ドメイン

ピティナ・ピアノステップ

23ステップ:応用3 応用4 応用5 応用6 応用7

楽譜情報:11件
  • クリックして画像を開く
  • tab
34159 1

解説 (2)

解説 : 佐藤 卓史 (403文字)

更新日:2022年1月31日
[開く]

 「25の練習曲」の『おしゃべり』にも通じる快活な曲です。重音のスタッカートの練習ですが、その音型は外側の 1・5 の指と内側の 2・4 の指を交互に使い、 魚の口がパクパクするような動きで演奏します。ショパンの 練習曲 作品 10-7 の準備練習ともいえるでしょう。

演奏のポイント(原典 ♪=160)

 重音のスタッカートの演奏は、「手首の柔軟性」がポイントです。指の運動をクッションのように受け止めたり、時には自発的に動いて打鍵動作をサポートすることもあります。ポジション移動の前の 2・4 の指に不用意なアクセントがついてはいけません。右手の上声と下声のバランスにも注意しましょう。左手の2拍目の和音が飛び出ないように。前奏は、何気なく聴いているとト長調に聞こえますが、7小節で F が鳴ってハ長調だとわかる、その瞬間どんな気分になるでしょうか?

(東音版「ブルグミュラー18の練習曲」(NS61)より)

執筆者: 佐藤 卓史

演奏のヒント : 大井 和郎 (813文字)

更新日:2020年11月30日
[開く]