モーツァルト :ピアノ・ソナタ 第18(17)番 第2楽章 K.576

Mozart, Wolfgang Amadeus:Sonate für Klavier Nr.17 Mov.2 Adagio

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:4分30秒
  • クリックして画像を開く
  • tab
30523 1

解説 (1)

解説 : 岡田 安樹浩 (266文字)

更新日:2019年3月5日
[開く]

第2楽章 イ長調 4分の3拍子

楽章全体を通して、3声部を基本としている。当時、モーツァルトがバロック音楽へ深く傾倒していたことを鑑みれば、これはトリオ・ソナタ風といえるかもしれない。

旋回音型による装飾をもったイ長調の主題と、平行短調の嬰ヘ短調におけるイ音による装飾を特徴とした部分(第17小節~)からなり、32分音符のパッセージによる即興的な部分(第24小節~)をもつ。ふたたび嬰ヘ短調の主題があらわれ(第32小節~)、即興的な推移部を経て冒頭主題が回帰する(第44小節~)。最後に短調主題が主調のイ長調へ移旋された形であらわれる。

執筆者: 岡田 安樹浩

楽譜 (8件以上)全件みる