モーツァルト :ピアノ・ソナタ 第17(16)番 第3楽章 K.570

Mozart, Wolfgang Amadeus:Sonate für Klavier Nr.16 Mov.3 Allegretto

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:3分00秒
  • クリックして画像を開く
  • tab
30521 1

解説 (1)

解説 : 岡田 安樹浩 (319文字)

更新日:2019年6月19日
[開く]

第3楽章 変ロ長調 2分の2拍子

第1楽章とは対照的に、躍動感に満ちた上昇指向の旋律線が特徴的な主題によって開始される。続いて、シンコペーション・リズムを特徴とした主題があらわれる(第23小節~)。この主題は、同音反復のバス声部をともなっており、この動機が次のセクションにおいて中心的な役割を果たすことになる。

2小節の短いブリッジを経て、同音反復と半音階下行を特徴とした中間部となる(第45小節~)。半音階的な変化音をともなった16分音符のパッセージが、切れ間なく冒頭主題の再現に接続し(第63小節)、シンコペーション・リズムの主題を再現した後(第71小節~)、同音反復によるバスが余韻を残す短いコーダ(第85小節~)をもって楽曲を閉じる。

執筆者: 岡田 安樹浩

楽譜 (8件以上)全件みる