モーツァルト :ピアノ・ソナタ 第13番 第2楽章 K.333 K6.315c

Mozart, Wolfgang Amadeus:Sonate für Klavier Nr.13 Mov.2 Andante cantabile

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:10分30秒
  • クリックして画像を開く
  • tab
30514 1

解説 (1)

解説 : 岡田 安樹浩 (321文字)

更新日:2019年3月5日
[開く]

第2楽章 変ホ長調 4分の3拍子

ソナタ形式と同様に属調主題の主調再現を持つ2部分形式で作曲されているが、後半部分は即興的な装飾が施されている。冒頭の主題の中に、第1楽章の主要主題を想起させる順次下降音型が挿入されていることは見逃せない(第3小節第3拍目)。

属調主題(第14小節~)にも、順次下行と旋回音型による装飾が特徴的である。ポルタートによる同音反復の動機は後半部分で重要な役割を果たす。

後半(第32小節~)では、属調主題の同音反復の動機が繰り返しあらわれながら、ヘ短調、ハ短調、変イ長調、変ニ長調を経て、変ホ長調の属7和音へと至る。

冒頭主題が即興的な装飾をともなって再現(第51小節~)した後、属調主題を主調で再現(第64小節~)する。

執筆者: 岡田 安樹浩

楽譜 (8件以上)全件みる