モーツァルト :ピアノ・ソナタ 第10番 第1楽章 K.330 K6.300h

Mozart, Wolfgang Amadeus:Sonate für Klavier Nr.10 Mov.1 Allegro moderato

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:6分00秒
  • クリックして画像を開く
  • tab
30480 1

解説 (1)

解説 : 岡田 安樹浩 (310文字)

更新日:2019年6月19日
[開く]

第1楽章 4分の4拍子 ハ長調 ソナタ形式

32分音符による音階と装飾音型、16分音符の分散和音を素材とする主要主題で開始される。装飾的なパッセージによる移行部(第19小節~)を経て、第34小節より属調で副次主題があらわれる。主要主題と副次主題双方の素材からなるコーダ(第54小節~)によって、ト長調で前半を閉じる。

後半部分(第59小節~)は、まずト長調からイ短調へ転じ、再びト長調を経由して主要主題の主調再現(第88小節~)を迎える。移行部の変形(第109小節)によって、属調ではなく主調にて副次主題を再現(第121小節~)する。

第141小節からのコーダは、前半の終結部分に後半部分冒頭の移行楽想が回帰して楽章を閉じる。

執筆者: 岡田 安樹浩

楽譜 (8件以上)全件みる