ホーム > スクリャービン > 4つの前奏曲

スクリャービン :4つの前奏曲 Op.37

Scriabin, Alexander:4 Preludes Op.37

作品概要

作曲年:1903年 
出版年:1904年 
初出版社:Belaïev
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:前奏曲
総演奏時間:7分00秒
著作権:パブリックドメイン

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (543文字)

更新日:2008年5月1日
[開く]

《4つの前奏曲 作品31》と同じく、1903年にモスクワで作曲され、翌年に出版された。この時期のスクリャービンについては、作品31の項を参照されたい。

第1曲目 変ロ短調 8分の9拍子 メスト(悲しげに)

この曲は、一時間もかからずに完成されたと伝えられている。メロディーの各フレーズの終わりで、同じ音を繰り返すところに哀愁を響かせる。幅広い音域を行きつ戻りつする左手の8分音符の動きでは、テヌートとルバートにより「メスト(悲しげに)」の表情が強調されている。

第2曲目 嬰へ短調 8分の9拍子 マエストーソ、フィエーロ(荘厳に、傍若無人に)

この曲もまた、僅か1時間ほどで完成したと伝えられている。前の曲から打って変わって、打楽器的要素の強い曲となる。音域の高低を移動させながら厚みのある和音を次々と弾き続け、各和音の残響が重ねられていくような効果を生み出す。

第3曲目 ロ長調 4分の3拍子 アンダンテ

マズルカを想起させる冒頭部分が、自由に変奏されていく。シンコペーションや付点のリズムを織り混ぜたメロディーには、和音が添えられる。

第4曲目 ト短調 4分の3拍子 イラート、インペトゥオーソ(怒って、激情的に)

この曲では、左手がオクターヴで激しいリズムを弾く。右手は、それに部分的に同調する。

執筆者: 齊藤 紀子

楽章等 (4)

第1番

調:変ロ短調  総演奏時間:2分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

第2番

調:嬰ヘ短調  総演奏時間:1分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

第3番

調:ロ長調  総演奏時間:2分00秒 

解説(0)

楽譜(0)

第4番

調:ト短調  総演奏時間:1分00秒 

解説(0)

楽譜(0)