スクリャービン(スクリアビン) :悪魔的詩曲 Op.36

Scriabin, Alexander:Poeme Satanique Op.36

作品概要

作曲年:1903年 
出版年:1904年 
初出版社:Belaïev
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:性格小品
総演奏時間:6分30秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (267文字)

更新日:2008年5月1日
[開く]

1903年に多く書かれた詩曲の1つ。《悲劇的詩曲》と同様に、単一楽章のソナタを思わせる作品で、一段と規模が大きくなっている。とりわけ、ソナタとしての性質も増し、第1主題と第2主題の性格の違いや、提示部の推移や終止の部分も用いた展開部などがみられる。また、展開する際に、主題労作ではなく、変奏で提示していくスクリャービンの手法がとられている。このような手法は晩年まで継続して用いられる。8分の6拍子で書かれたこの曲には、「ここでいう《悪魔的詩曲》とは、邪推ではなく神格化した偽善である。」というスクリャービン自身の言葉が伝えられている。

執筆者: 齊藤 紀子
現在視聴できる動画はありません。