スクリャービン(スクリアビン) :5つの前奏曲 Op.15

Scriabin, Alexander:5 Preludes Op.15

作品概要

作曲年:1895年 
出版年:1897年 
初出版社:Belaïev
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:前奏曲
総演奏時間:6分30秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (696文字)

更新日:2008年5月1日
[開く]

《24の前奏曲 作品11》と共に1897年に出版された数々の前奏曲集の1つ。

第1曲目 イ長調 4分の3拍子 アンダンテ

23歳の時にモスクワで作曲された。左手の8分音符に対して、右手が3連音符と5連音符を交互に弾くポリ・リズムの曲。終結部分では、4分の2拍子と4分の3拍子を交互に用いる他、リタルランド、アッチェレランド、ア・テンポを組み合わせ、歩調の変化を生み出している。

第2曲目 嬰ヘ短調 4分の3拍子 ヴィーヴォ

23歳の時にモスクワで作曲された。当初は、冒頭の速度表記がアジタートであった。16分音符と8分音符がかみ合うこの曲は、ポリ・リズムに頼ることがない。左右の手はそれぞれに独自のうねりをみせ、その音の動きのしなやかさが際立っている。また、最後に主題が現れるところは、メトロノーム表記により、テンポを速める変化が指示されている。

第3曲目 ホ長調 8分の6拍子 アレグロ・アッサイ

23歳の時にモスクワで作曲された。幅広い音程の分散和音のこの曲は、ショパンの作品10-11の練習曲を想起させる。この分散和音を跳躍させる左手は、とりわけ手首の柔軟さが求められている。

第4曲目 ホ長調 4分の3拍子 アンダンティーノ

24歳の時にパリで作曲された。左手の2個ずつの組み合わせとなっている8分音符が音価1つ分拍節とずらされた、クロス・フレーズの曲となっている。スラーの長さの長短の変化や左右の手による長短の組み合わせが特徴的である。

第5曲目 嬰ハ短調 8分の6拍子 アンダンテ

23歳の時にハイデルベルクで作曲された。多声的な書法で書かれたこの曲は、半音階的な音の動きが随所に散りばめられている。

執筆者: 齊藤 紀子

楽章等 (5)

第1番

調:ロ長調  総演奏時間:1分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第2番

調:嬰ヘ短調  総演奏時間:1分00秒 

解説(0)

楽譜(0)

第3番

調:ホ長調  総演奏時間:1分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

第4番

調:変ホ短調  総演奏時間:1分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

第5番

調:嬰ハ短調  総演奏時間:1分00秒 

解説(0)

楽譜(0)

楽譜

楽譜一覧 (2件)全件みる

システム障害中