スクリャービン(スクリアビン):2つの左手のための小品

Scriabin, Alexander:2 Pieces pour le main gauche Op.9

作品概要

作曲年:1894年 
出版年:1895年 
初出版社:Belaïev
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:10分00秒

解説 (1)

執筆者 : 石川 伸幸 (670文字)

更新日:2007年5月1日
[開く]

スクリャービンはモスクワ音楽院ピアノ科時代(1988-1892)、オクターブをつかむことが精一杯と言われるほど小さな手の持ち主だった。にもかかわらず、同級生らと難曲の制覇数をめぐって熾烈な競争を続けた。そしてとうとうピアノが弾けないほど右手首を故障してしまった。それが回復するまでの間、左手を特訓するとともにピアニストとしての挫折感から作曲にも力を注ぐようになる。音楽院時代からロシア・ピアノ界の逸材として期待されていたスクリャービンは、《12の練習曲op.8》 にも顕著に現れているように、自身が身に付けていた高度なピアノ演奏技術を元とした左手奏法を編み出す。それは右手以上の運動量を要求し広い音域を駆け巡る、後に「左手のコサック」と呼ばれる独自のピアノ書法で、作曲家スクリャービンの誕生を象徴するものとなった。

《左手のための2つの小品op.9》は、当時を代表する作品の一つである。楽曲自体は初期の作品ということもあってロマン派期の調性音楽を脱しておらず、「前奏曲と夜想曲」という題名からもわかるように中期ロマン派(特にショパン)の影響を色濃く受けている。一曲目の前奏曲(嬰ハ短調)は三部形式で最後に4小節のコーダ(このコーダは二曲目の調性=変イ長調の主和音で終わる)が付く。二曲目の夜想曲(変イ長調)も三部形式。左手の親指が受け持つ、カンタービレの指示が与えられた息の長い旋律主題はロマン派的であり、最後も変イ長調の主和音で終わる。演奏する場合、どちらの曲も左手だけで弾くという困難とともに、各声部を明確に聴き分けることが必須であろう。

執筆者: 石川 伸幸