ホーム > ハイドン > 主題と6つの変奏「やさしく快適」 ハ長調

ハイドン :主題と6つの変奏「やさしく快適」 Hob.XVII:5 ハ長調

Haydn, Franz Joseph:Tema con 6 variazioni 'Faciles et agreables' C-Dur Hob.XVII:5

作品概要

作曲年:1791年 
出版年:1789年 
初出版社:Artaria
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:変奏曲
総演奏時間:7分30秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (290文字)

更新日:2007年12月1日
[開く]

1790年に作曲された。この変奏曲のテーマは、「a-b-a」の構造を持つ。そして、アンダンテと指示されているが、音階的な音の動きが細かい音価によって軽やかに紡ぎ出される。変奏において音価を細分化していくには、テーマからしてあまりにも細かく軽やかな音形が用いられているため、装飾を施しながら付点のリズム等に変化させる変奏となっている。尚、この変奏曲の最後から2つ目の変奏で、ハイドンはテーマの同主短調(ここではハ短調)による変奏を書いている。テーマの移旋による変奏が見られる変奏曲は、この他にはヘ短調の作品しかない。但し、ソナタ作品における変奏の手法による楽章は、この限りではない。

執筆者: 齊藤 紀子