ホーム > ハイドン > ソナタ 第20番 変ロ長調

ハイドン :ソナタ 第20番 Hob.XVI:18 op.53-3 変ロ長調

Haydn, Franz Joseph:Sonate für Klavier Nr.20 B-Dur Hob.XVI:18 op.53-3

作品概要

作曲年:1788年 
出版年:1788年 
初出版社:Artaria
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:11分00秒

解説 (1)

執筆者 : 稲田 小絵子 (403文字)

更新日:2009年8月1日
[開く]

Hob.XVI: 19および偽作とされているHob.XVI: 17と共に、1788年に出版された。作曲年はそれ以前であるが、様式や技法から推測して1766年頃あるいは70年代初めといった説がある。

作品は2つの楽章から成る。

第1楽章:アレグロ・モデラート、変ロ長調、2/4拍子。

第1主題から推移部にかけては、トリルを伴った華麗な付点上行音型、即興的に流れる三連符、間をもたらす休符、不安気なシンコペーションなど、多彩な要素が交じり合う。だがその後の第2主題では、十六分音符と三十二分音符の組み合わせが、フィナーレのような勢いをもって、明るい音に溢れた楽章を印象付ける。

第2楽章:モデラート、変ロ長調、3/4拍子。

緩徐楽章のおだやかさをもつ。全体的に完全終止が避けられており、どこまでも続くかのような流れが生まれているが、一方で、快活な動きのコデッタが、提示部・展開部・再現部それぞれの区切りを明確にしている。

執筆者: 稲田 小絵子

楽章等 (2)

第1楽章

総演奏時間:5分30秒 

動画(0)

解説(0)

第2楽章

総演奏時間:5分30秒 

動画(0)

解説(0)

現在視聴できる動画はありません。  
その他特記事項
第20番は「ウィーン原典版」の番号