ホーム > ピアノ曲事典 > リスト > 巡礼の年 第2年「イタリア」 > 「ダンテを読んで-ソナタ風幻想曲」

リスト :巡礼の年 第2年「イタリア」 「ダンテを読んで-ソナタ風幻想曲」 S.161/R.10-7 A55

Liszt, Franz:Années de pèlerinage deuxieme année "Italie" "Après une lecture du Dante-Fantasia quasi sonata" S.161/R.10-7

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:幻想曲
総演奏時間:15分30秒

解説 (2)

解説 : 伊藤 萌子 (422文字)

更新日:2019年1月9日
[開く]

この曲集の最後を飾る第7番は、先の6曲に比べてはるかに規模の大きい作品である。圧倒的な迫力が魅力で、演奏会で取り上げられることも非常に多い名曲の一つ。題にあるように、ダンテ(1265-1321)の叙事詩『神曲』を読み、そこからインスピレーションを得て創作された。当初は二部構成《神曲への序説》の曲名で二部構成の作品で、1839年には演奏したという記録もある。何度かの改訂を経て、1849年に完成した。

ダンテの『神曲』は、「地獄篇」「煉獄篇」「天国篇」の三部から構成されている。本曲の冒頭では地獄の世界への幕開けのように、中世の多声音楽より「音楽の悪魔」と呼ばれる増4度音程の下行が、繰り返しあらわれる。増4度は1オクターヴをちょうど二等分することから忌み嫌われてきたが、リストだけでなく多くの作曲家が、悪魔や死など不吉なものを象徴する手段として用いている。激しい苦悩や葛藤の合間に美しく穏やかな旋律が聞こえてくる。最後は輝かしく締めくくられる。

執筆者: 伊藤 萌子

演奏のヒント : 大井 和郎 (1907文字)

更新日:2018年3月12日
[開く]

ピティナのYoutubeチャンネル (5)

その他の音源・動画 (1)

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。