ホーム > ショパン > マズルカ(遺作) ト短調

ショパン :マズルカ(遺作) ト短調 Op.67-2

Chopin, Frederic:Mazurka g-moll Op.67-2

作品概要

楽曲ID:23208
作曲年:1848年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:マズルカ
総演奏時間:2分00秒
著作権:パブリック・ドメイン
ピティナ・コンペ課題曲2024:C級級

ピティナ・ピアノステップ

23ステップ:応用5 応用6 応用7 発展1

楽譜情報:8件
  • クリックして画像を開く
  • tab

解説 (1)

演奏のヒント : 大井 和郎 (477文字)

更新日:2024年6月17日
[開く]

学習者はまず、「マズルカ」という曲の種類を勉強する必要があります。ポーランドの舞曲ではありますが、多くの特徴があり、それを知る必要があります。テンポやリズムによって、数種類のマズルカに分類されます。特徴としては、2拍目や3拍目にアクセントが来ることですが、とにかく聴いてみることが大ですので、数名の、できればポーランドのアーティストが弾いているマズルカを聴いて下さい。そして特徴を捉えてください。

楽譜をよく見ることによって多くのヒントが得られる曲でもあります。6~8小節間、スフォルツアンドが3回ありますが、3回とも同じようには弾かず、強弱で差を付けて下さい。徐々に衰退していくというアイデアでも可能です。13小節目だけ(繰り返されるので45小節目と53小節目も)、バスの音が抜けていますね。なぜだか考えてみましょう。この部分の作曲家の心理を察してみましょう。

14小節目と54小節目、フォルテの書かれてある位置に注意して下さい。とても即興的な部分でもありますので、2拍目のGからBに飛ぶとき(跳躍するとき)、十分に時間を取って下さい。飛び込まないように。

執筆者: 大井 和郎

参考動画&オーディション入選(3件)

第43番 フィリップ・シーア
上山 幸之介(入選)
小椋 怜奈(入選)

楽譜

楽譜一覧 (8)