プロコフィエフ :10の小品 ガヴォット Op.12-2

Prokof'ev, Sergei Sergeevich:10 Pieces Gavotte Op.12-2

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:2分30秒
著作権:パブリック・ドメイン

解説 (1)

解説 : 山本 明尚 (263文字)

更新日:2021年4月9日
[開く]

プロコフィエフ本人の談によると、本曲は1908年にリャードフ・クラスで書いたガヴォットを編曲したものだという。均整がとれ、抑制された主部は古典的な美を湛えており、装飾音や和声的な色合いによって生まれ出るニュアンスには、プロコフィエフの腕が遺憾無く発揮されている。トリオではト長調に転調し、やや穏やかな楽想が提示されるが、内声部の半音階進行が音楽に影を落とす。

学友のピアニストで、のちに日本にも来航し、最終的に上海音楽院で教鞭を執った「ボリューシャ」ことボリース・ステパーノヴィチ・ザハーロフ(1887〜1943)に献呈された。

執筆者: 山本 明尚

楽譜 (0件)