ホーム > バッハ > アルマンドとクラント イ長調

バッハ :アルマンドとクラント BWV 838 イ長調

Bach, Johann Sebastian:Allemande und Courante A-Dur BWV 838

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:組曲

解説 (1)

執筆者 : 朝山 奈津子 (388文字)

更新日:2008年5月1日
[開く]

ダルムシュタットの宮廷楽長ヨハン・クリストフ・グラウプナー(1683-1760)作《パルティータ》の第2・3楽章。19世紀前半に作成された筆写資料においてバッハに帰せられたが、今日では真の作者が明らかになっている。

いずれもきわめて平易な曲だが、細かな変化に富んでいる。

アルマンドは、16分音符の動機の連続が転調の装置となる。前半では2回、長いフレーズが現れ、2回目で属調へ転じる。後半は、長いフレーズと短いフレーズとを組み合わせ、fis-Moll、cis-Moll、h-Mollの近親短調を通過してゆく。動機の反復が引き起こす霍乱効果がうまく使われている。

クーラントは、左右のリズムのかみ合わせが巧みで、3拍子を規則的に刻みながらも単調になることがない。第7小節後半、この3拍子が1度だけ途切れる瞬間には一種の緊張感が生まれる。

演奏は決して難しくないが、よく整った作品である。

執筆者: 朝山 奈津子

楽章等 (2)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (0件)