バッハ :インヴェンション 第3番 BWV 774 ニ長調

Bach, Johann Sebastian:Invention Nr.3 D-Dur BWV 774

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:1分00秒

ピティナ・ピアノステップ

23ステップ:応用3 応用4 応用5 応用6 応用7 発展1

楽譜情報:33件
  • クリックして画像を開く
  • tab
22486 1

解説 (3)

解説 : 髙松 佑介 (281文字)

更新日:2020年9月18日
[開く]

ニ長調、3/8拍子。

冒頭12小節で主題が提示され、その最後のカデンツ(第11~12小節)が曲全体の構造を決定する。中間部は2部分から成り、それぞれロ短調のカデンツ(第23~24小節)とイ長調のカデンツ(第37~38小節)で区切られる。第43小節から冒頭主題が回帰して最後の主題提示部を構成するが、曲の末尾には偽終止(第53~54小節)と完全終止(第58~59小節)と2回カデンツが置かれており、コーダが繰り返されるのは《インヴェンション》において珍しい。このように、カデンツで曲想が変わる構造は、バロック時代のコンツェルトの原理であるリトルネッロ形式を思わせる。

執筆者: 髙松 佑介

楽曲分析図 : 林川 崇 (100文字)

更新日:2018年3月15日
[開く]

演奏のヒント : 大井 和郎 (598文字)

更新日:2018年3月12日
[開く]

楽譜 (8件以上)全件みる