ホーム > バッハ > 前奏曲とフーガ イ短調

バッハ :前奏曲とフーガ BWV 895 イ短調

Bach, Johann Sebastian:Praludium und Fuge a-moll BWV 895

作品概要

出版年:1843年 
初出版社:Peters
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:前奏曲とフーガ
総演奏時間:4分00秒

解説 (1)

執筆者 : 朝山 奈津子 (360文字)

更新日:2008年5月1日
[開く]

偽作とみる説もあるが、バッハの存命中に作られた信頼性の高い資料に伝えられており、真作の可能性がきわめて高い。音楽内容からは初期作品、すなわちアルンシュタット時代あたりに成立したと考えられる。

プレリュードは対位法的な展開をまったく含まない、パッセージワークのみによる曲。問いかけるような32分音符の上行音型で始まり、華麗な3オクターヴの下行音階で終結に向かう。短いながら演奏効果の高い前奏である。

フーガでは、同音反復の主題と分散和音を用いた16分音符の動機とが対比される。が、三和音の範疇にほとんど収まってしまうため、全体の響きが単調になってしまった。対位法はこの曲でもあまり冴えず、同じ組み合わせが繰り返して登場する。それでも終結部では3オクターヴを優に超える長い下行パッセージが現れ、プレリュードとの関連が明確になる。

執筆者: 朝山 奈津子

楽章等 (2)

プレリュード

総演奏時間:1分20秒 

解説(0)

フーガ

総演奏時間:2分30秒 

解説(0)