スクリャービン(スクリアビン) :12のエチュード(練習曲) 「悲愴」 Op.8-12 嬰ニ短調

Scriabin, Alexander:12 Etudes  Patetico 'Pathetic' dis-moll Op.8-12

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲
総演奏時間:2分30秒

解説 (1)

解説 : 齊藤 紀子 (145文字)

更新日:2019年3月6日
[開く]

第12曲目は、オクターヴと跳躍音程の織り交ぜ、和音の連打等、複雑な見かけをしている練習曲。ショパンの作品10-12(革命)の練習曲との類似が指摘されている。再現部では、オクターヴのメロディーに両手の和音の連打が伴われる。なお、この曲は、スクリャービン自身が大変好んで演奏したと言われている。

執筆者: 齊藤 紀子

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。