菅原 明朗 :水煙

Sœgaharat, Méireaux:Steam

作品概要

作曲年:1933年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:★ 種々の作品 ★
総演奏時間:6分30秒

解説 (1)

執筆者 : 須藤 英子 (217文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

天平時代に思いを馳せて作曲された組曲「白鳳の歌」の終章。この組曲は、正倉院の遺物から着想を得た「﨟纈」、「和琴」、そして奈良薬師寺東塔の上部にある火焔型の飾りに因んだ「水煙」から成る。1930年、33歳の作曲者が印象派的な音楽を作っていた頃の作品で、曲調からもタイトルの付け方からも、ドビュッシーの影響が感じられる。激しく急速な第1部分が、転調を伴いつつ3度現れ、5音音階風のメロディーを含む雅な第2部分が、その合間に2度挿入される。

執筆者: 須藤 英子

楽譜 (0件)

その他特記事項
楽譜:音楽之友社 「世界大音楽全集」 器楽編 第33巻 (絶版)