ホーム > フォーレ > ヴァルス=カプリス 第2番  変ニ長調

フォーレ :ヴァルス=カプリス 第2番  Op.38 変ニ長調

Faure, Gabriel:Valse-caprice No.2 Des-Dur Op.38

作品概要

作曲年:1884年 
出版年:1885年 
初出版社:Hamelle
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:カプリス
総演奏時間:8分30秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (269文字)

更新日:2007年10月1日
[開く]

フォーレの親しい友人の作曲家ボルド=ぺーヌの夫人に捧げられている。

変ニ長調4分の3拍子。、アレグロ・モデラートで開始し、ウン・ポコ・モッソ、ピウ・モッソ・ポコ・ア・ポコと次第にテンポが速められていく。そして、異名同音の同主短調にあたる嬰ハ短調に転じる部分では、モルト・ピウ・レントとなる。この部分はメロディーと和音から成るコラール的な響きとなり、それまでの、8分音符が鍵盤上を駆け巡るような曲想とは対照的である。その後、ウン・ポコ・ピウ・アニマートの部分では、変ニ長調に回帰する。ふいの転調や意表をつくような和声の解決方法が印象的な作品。

執筆者: 齊藤 紀子

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。