ホーム > モーツァルト > アレグレットによる12の変奏曲 変ロ長調

モーツァルト :アレグレットによる12の変奏曲 K.500 変ロ長調

Mozart, Wolfgang Amadeus:12 Variationen über ein Allegretto B-Dur K.500

作品概要

作曲年:1786年 
出版年:1786年 
初出版社:Hoffmeister
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:変奏曲
総演奏時間:9分00秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (162文字)

更新日:2007年12月1日
[開く]

1786年にヴィーンで作曲された。この変奏曲のテーマは、各々4小節の前半と後半から成る非常に短いものである。この短いテーマから編み出された12の変奏は、左右の手の役割を入れ替える変奏のペア、左右の手の交差、多声的な手法等、単なるリズム変奏に終わることはない。また、テーマを再現することにより、この変奏曲全体を締め括っている。

執筆者: 齊藤 紀子