ホーム > ピアノ曲事典 > モーツァルト > パイジェッロの歌劇「哲学者気取り」の「主に幸いあれ」による6つの変奏曲 ヘ長調

モーツァルト :パイジェッロの歌劇「哲学者気取り」の「主に幸いあれ」による6つの変奏曲 K.398 K6.416e ヘ長調

Mozart, Wolfgang Amadeus:6 Variationen über 'Salve tu, Domine' aus der Oper 'I filosofi immaginarii' von Paisiello F-Dur K.398 K6.416e

作品概要

作曲年:1783年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:変奏曲
総演奏時間:8分00秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (169文字)

更新日:2007年12月1日
[開く]

1783年にヴィーンで作曲された。この曲のテーマは、3度や6度の重音が特徴的な右手と、同音連打による保続音が特徴的な左手から成る。また、変奏に入ると、トリルによる保続音やカデンツァのような挿入楽句が頻繁に用いられる。曲の長さが非常に大きいというわけではないが、扱う音域や手法がそれまでの変奏曲に比べ、は押し広げられていると言えるであろう。

執筆者: 齊藤 紀子