ホーム > ピアノ曲事典 > モーツァルト > グレトリの歌劇「サムニウム人の結婚」の合唱曲「愛の神」(行進曲)による8つの変奏曲 ヘ長調

モーツァルト :グレトリの歌劇「サムニウム人の結婚」の合唱曲「愛の神」(行進曲)による8つの変奏曲 K.352 K6.374c ヘ長調

Mozart, Wolfgang Amadeus:8 Variationen über den Chor 'Dieu d'amour'(Marsch) aus der Oper 'Les mariages Samnites' von Gretry F-Dur K.352 K6.374c

作品概要

作曲年:1781年 
出版年:1786年 
初出版社:Artaria
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:変奏曲
総演奏時間:14分00秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (202文字)

更新日:2007年12月1日
[開く]

1781年にヴィーンで作曲された。この変奏曲のテーマは、鍵盤楽器のための作品ではないが、そのことが申し分なくテクスチュアに反映されていると言えるであろう。手法としては、アッラ・ブレーヴェの拍子の中でリズムを多様に変化させていく。しかし、しばしば、1つの変奏の中で、異なる音価の組み合わせによりリズムに趣向が凝らされている。また、トリルによる保続音、分散オクターヴ、左右の手の交差が特徴的に用いられている。

執筆者: 齊藤 紀子