ラヴィーナ :エレジー Op.22

Ravina, Jean Henri:Elégie Op.22

作品概要

作曲年:1849年 
初出版社:Noël
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:性格小品
総演奏時間:3分00秒

解説 (1)

執筆者 : 上田 泰史  (148文字)

更新日:2011年5月18日
[開く]

「哀歌」にしては愛らしく明るい性格をもつ三部形式による小曲。飛び跳ねるような旋律が特徴的で、中間部は旋律がより小さい卖位の音符に分割され華麗に装飾的される。この部分にみられるトリルの多用は、初期のラヴィーナの特徴であると同時に、19世紀のパリで出版されるサロン曲の一般的語法の一つとして定着する。

執筆者: 上田 泰史 

ピティナのYoutubeチャンネル (1)

その他の音源・動画 (0)

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。