チュルニョーニス :4つの小品 Op.3

Ciurlionis, Mikalojus Konstantinas:Four pieces Op.3

作品概要

作曲年:1899年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
著作権:パブリック・ドメイン

解説 (1)

執筆者 : 和田 真由子 (454文字)

更新日:2008年1月1日
[開く]

ワルシャワ音楽院在学中の作品。以下の4つの小曲から成る。

1番 前奏曲/No1 Prelude in B flat minor

初恋の女性マリア・モラフスカへの恋を綴ったもの。曲の開始と終結の変ロ短調の和声が物悲しい。書法は単純であるが、簡素な中にも美しい対位法が光っている。演奏時間は約2分半。

2番 ユモレスク/No2 Humoresque in G minor

ト短調。シューマン風のユーモアがある。広い音程を使いながら、情景がめまぐるしく展開する気まぐれな作品。書法的にはオスティナートが多いが、オクターブやユニゾンなど、さまざまな要素をいり混ぜながら、独特の面白みをつくりあげている。演奏時間は約2分半。

3番 マズルカ/ Mazurka in B minor

ロ短調。リディア旋法を用いた民族的旋律が印象的。演奏時間は約1分強。

4番 前奏曲/No4 Prelude in F minor

3部形式による。勇ましいリズムが印象的。カノンにより作曲されており、シューマンの交響的練習曲を思わせる。演奏時間は約1分。

執筆者: 和田 真由子

楽章等 (4)

前奏曲

調:変ロ短調 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

ユモレスク

調:ト短調 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

マズルカ

調:ロ短調 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

前奏曲

調:ヘ短調 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (0件)