ホーム > セヴラック > ポンパドゥール夫人へのスタンス

セヴラック :ポンパドゥール夫人へのスタンス

Séverac, Déodat de:Stances à Madame de Pompadour

作品概要

作曲年:1907年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:★ 種々の作品 ★
総演奏時間:5分30秒

解説 (1)

執筆者 : 和田 真由子 (238文字)

更新日:2007年11月1日
[開く]

4分の2拍子、イ長調、レント・エ・モルト・エスプレッシーヴォ

1907年6月に作曲された。〈スタンス〉は、“詩の一節”という意味。冒頭から、どこか懐かしさを感じさせる旋律が穏やかに歌われていく。多用されるトリルや装飾音符は、曲のもつ気品に優しさや愛らしさを添えている。これは、ラモーやクープランなどのフランス古典音楽を彷彿とさせるものである。演奏においては、すべての声部に神経をくばり、それぞれの箇所にあった響きを考えながら曲を作り上げていくようにしたい。平均演奏時間は約7分。

執筆者: 和田 真由子

楽譜 (1件)全件みる