ホーム > ピアノ曲事典 > 湯浅 譲二 > 二つのパストラール

湯浅 譲二 :二つのパストラール

Yuasa, Joji:Two Pastorals

作品概要

作曲年:1952年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集

解説 (1)

解説 : 飯田 有抄 (607文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

この作品は湯浅の処女作で、作曲家になることを決意した1952年に書かれている。パストラールとは、もとは羊飼いの笛の音を模倣した器楽曲のことで、通常は牧歌風ののどかな曲風を示す言葉である。とはいえ、湯浅のこの作品は、さすがに作曲を志す23歳の青年の初心が表れており、決して退屈なのどかさはない。湯浅もまた武満と同様に音楽はほとんど独学だが、武満のデビュー作《二つのレント》よりも、処女作としては無骨さなどはなく、洗練されたセンスのよさが光っている。湯浅の処女作としての歴史的な意味だけでなく、今日でも、ピアノ曲のレパートリーとして充分魅力的な作品である。

第一曲は、変ロ長調、Largo decisoで、終始ゆったりとした曲想。左手の低音のモチーフに、右手が和音で応答を繰り返していく。七の和音や九の和音の響きが豊かな表情をつけ、決して甘ったるくなりすぎない。時折現われる復調的な響きには不協和な印象はなく、洗練され、かつおだやかな響きに満ちている。第二曲は、変ホ長調で、おどけたような元気のよい序奏で始まると、animatoでおどけたような主題が現われる。中間部は流れるように右手と左手が動き出すが、8分の6拍子の拍節感がしだいに崩されるようなリズム感がおもしろい。最初の主題が戻り、終結部では意外な響きの和音がfffで鳴らされるところもユニークである。全体にフラット系の調特有の、温かみのある響きに包まれた作品だ。

執筆者: 飯田 有抄

楽章等 (2)

第1曲

作曲年:1952 

解説(0)

楽譜(0)

第2曲

作曲年:1952 

解説(0)

楽譜(0)

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。