ホーム > ピアノ曲事典 > アーン, レイナルド

アーン, レイナルド 1875-1947 Hahn, Reynaldo

Dummy

解説:齊藤 紀子 ( 401文字 )

更新日:2008年8月1日

1.出身・主たる活動をした国

ベネズエラのカラカスに生まれ、3歳の時にフランスに移住した。フランス国籍を得ている。

2.学習・師事歴

11歳でパリ音楽院に入学し、和声をデュボワに、ピアノをドゥコンブに、作曲をマスネに師事した。

3.作品

13歳の時に、ユゴーの詩による最初の歌曲を出版した。優雅な歌曲の他に、演劇への強い関心が結実したオペレッタ作品等、劇場音楽を創作した。

4.作曲以外の活動

1934年から、『フィガロ』の音楽批評欄の執筆を担当。1945年には、パリ・オペラ座の監督に任命された。傾倒していたモーツァルトの作品を数多く指揮した。また、作品の多くが声楽作品となっているアーンは、サロンで自らピアノを弾きながら歌うこともあった。

5.関わりのあった人物

サロンを通じて、『失われた時を求めて』の作者プルーストや、《椿姫》等の悲劇を得意としたコメディー・フランセーズの女優サラ・ベルナールらとの交流があった。

執筆者: 齊藤 紀子
<続きを表示する / 閉じる>

楽曲

ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ)(1)

協奏曲(1)

ピアノ独奏曲(6)

ソナチネ(1)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

曲集・小品集(1)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

練習曲(1)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

ワルツ(1)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

★ 種々の作品 ★(3)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)