ホーム > ヨアヒム

ヨアヒム 1831-1907 Joachim, Joseph

620
  • 解説:宮本 優美 (372文字)

  • 更新日:2007年5月1日
  • オーストリア‐ハンガリーのヴァイオリニスト、作曲家、指揮者、教師。幼少よりブダペストのヴァイオリニスト、セルヴァチンスキーに学ぶ。39年に師と共演してデビュー。同年ウィーンに赴き、ヘルメスべルガー兄弟、ヨーゼフ・ベームに師事。

    43年にライプツィヒに移り、メンデルスゾーンと二重奏曲を演奏するなどして影響を受ける。同年ゲヴァントハウスの演奏会に出演、クララ・シューマンと知り合う。

    50年よりワイマールのリストのもとでコンサートマスターとして経験を積み、51年には室内楽の夕べも開始する。またシューマンブラームスとの親交を深める。

    68年にベルリンの音楽学校の校長に任命され、以後毎年冬の演奏旅行のほかは同校の校務に専念した。1907年ベルリン没。

    作品はヴァイオリン協奏曲、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲のカデンツァ、室内楽、声楽曲などがある。

    執筆者: 宮本 優美
    <続きを表示する>

    作品(1)

    ピアノ独奏曲 (1)

    性格小品 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)