ホーム > ピアノ曲事典 > 室井 摩耶子

室井 摩耶子 Muroi, Mayako

5232

プロフィール

1921(大正10)年4月18日生まれの87歳。6歳よりピアノを始め、小学4年生から高折宮次氏に師事。41年東京音楽学校(現・東京芸大)を首席で卒業、研究科に進み、クロイツァー教授に師事、43年に修了。

1945(昭和20)年1月、日比谷公会堂での日響(現・N響)ソリストとしてデビュー。終戦後、本格的にリサイタル活動を開始。サティやデュカスなど多くの作品を日本初演。

1955(昭和30)年、大ヒット映画『ここに泉あり』に実名ピアニスト役で出演。

1956年、モーツァルト「生誕200年記念祭」に日本代表としてウィーンに派遣される。同年、第1回ドイツ政府給費留学生に推挙され、ベルリン音楽大学に留学。ベルリンを拠点に、ハウザ-教授、ロロフ教授、ケンプ教授に師事し研鑽を積む。

1960年、世界最高峰ケンプ教授の推薦でベートーヴェンを4曲並べたリサイタルをベルリンで開催。まれに見る好評でヨーロッパにおける地位の第一歩を築いた。以降、海外13カ国で演奏を重ね、日本国内より国外に於いて名声を高め、64年にはドイツで出版の『世界150人のピアニスト』として紹介される。

レパートリーは、ケンプとロロフ直伝のベートーヴェンを主軸に、シューベルト、バッハ、ブラームスの解釈には定評がある。

帰国後も日本を代表する名演奏家として活躍。その円熟した演奏は評判高く、80歳を超えピアノコンチェルトも協演。井上道義指揮、02年東フィル(東京オペラシティ)、06年10月神奈川フィル(神奈川県立音楽堂)と、満員の聴衆に深い感銘を与え、各方面より絶賛を博す。

95年(74歳)から始めた「音楽を聴きたいって何なの?」と題した「トーク&コンサート・シリーズ」は、すでに19回を開催。子どもから大人まで、多くの人々に感動を贈る“最前線”の演奏活動にも挑戦。その活動は、NHKテレビ・ラジオをはじめ新聞・雑誌でも多数紹介され、その度ごとに大きな反響が拡がっている。

06年9月「NHK芸術劇場」に特集で出演(生涯現役~私のクラシック音楽道)。12月には、NHK連続テレビ小説「純情きらり・スペシャル」にて室井摩耶子の「ドキュメント」が全国放映された。07年9月には「NHKラジオ深夜便」〔人生私流〕に出演。

06~07年リリースのCD、「《月光の曲》ライブ」「モーツァルト生誕250周年ライヴ」「モーツァルト/魂のアダージョ」は、いずれも「レコード芸術」誌『特選・準特選』と推奨され、今なお健在ぶりを示した。

ピアノと共に80年。深い醍醐味の音楽は、年齢とともに益々前進を続けている。
<続きを表示する / 閉じる>

演奏音源一覧 (2)

ピティナYouTubeチャンネルの動画 (2)