ホーム > ピアノ曲事典 > 間宮 芳生

間宮 芳生 1929 Mamiya, Michio

  • 解説:須藤 英子 (307文字)

  • 更新日:2007年7月1日
  • 北海道旭川生まれ。1952年、東京音楽学校(現東京芸大)卒業。池内友次郎に師事。バルトークに触発され、卒業直後より民俗音楽研究に力を入れる。53年、外山雄三、林光と『山羊の会』を結成。社会に目を向けたその姿勢は、日本民謡のみならず、ジャズやアフリカ民俗音楽への関心にもつながり、それらを素材とした独自の作風を確立していく。代表作に、《合唱のためのコンポジション》(58~)シリーズ、《オーケストラのための2つのタブロー'65》(65)など。ピアノ演奏を得意とし、《ピアノ協奏曲第2番》(70)、《ピアノ・ソナタ》(73)など、ピアノの名作も多い。尾高賞、文化庁芸術祭大賞、ザルツブルグTVオペラ金賞など、受賞多数。

    執筆者: 須藤 英子
    <続きを表示する>

    作品(23)

    ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) (1)

    ピアノ独奏曲 (8)

    ソナチネ (1)

    ソナチネ ソナチネ

    作曲年:1948 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ラプソディー (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    曲集・小品集 (6)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    性格小品 (1)

    ★ 種々の作品 ★ (3)

    悲しき歌 悲しき歌

    作曲年:1985 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ合奏曲 (2)

    曲集・小品集 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)