ホーム > 間宮 芳生 > にほんのこども ピアノのために

間宮 芳生 :にほんのこども ピアノのために

Mamiya, Michio:Nihon no Kodomo - for Young Pianists

作品概要

作曲年:1977年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:子供のための作品

解説 (2)

解説 : 須藤 英子 (475文字)

更新日:2018年4月24日
[開く]

《にほんのこども ピアノのために》は、 1977年から2年間にわたって作曲された、子どものためのピアノ曲集である。日本のわらべうたや民謡、またフィンランドやアフリカの民 族音楽が素材として用いられている。月刊『ハミング』誌に連載発表された90曲が、難易度順に2巻にまとめられた。特に第2巻には、 臨時記号や拍子の変化を頻繁に伴う弾きごたえのある作品も多い。連弾曲も、8曲含まれる。

楽譜には、まず素材となる伝承曲が、歌詞とともにメロディ譜で示されている。その後、素材の曲をもとにした各種の変奏曲が、 「スケッチ」という名で続く。「スケッチ」には、素材のメロディを装飾したもの、メロディにハーモニーを加えたものなど様々なタイプがあるが、最も多いのはポリフォニックなアレンジである。

各曲には、作曲者自身による解説が加えられている。音程や調性など音構成についての説明も多く、実際に演奏する上で、フレージングやイントネーションの大きなヒントとなる。わらべうたや民謡など、子どもたちの生活に身近な音楽を素材として用いた、ユニークなピアノ学習曲集と言えよう。

執筆者: 須藤 英子

About work(s) : 須藤 英子 (1220文字)

更新日:2018年4月24日
[開く]
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (1件)全件みる