ホーム > ダッラピッコラ

ダッラピッコラ 1904-1975 Dallapiccola, Luigi

  • 解説:齊藤 紀子 (547文字)

  • 更新日:2008年8月1日
  • イタリアの作曲家。イタリアで最初に十二音技法を採用した。当時オーストリア=ハンガリーの領土であったピジーノでイタリア人のための中学校の校長を務めていた父親が新しい音楽に関心を示し、息子が6歳の時にピアノを学ばせた。幼少の頃、オーストリア政府の圧力を受けてグラーツに移った経験は、ダッラピッコラに、権力に対する反抗心を植えつけた。古い音楽都市であったダラーツにはオペラ・ハウスがあり、モーツァルトシュトラウスワーグナーの作品にふれることができた。第一次世界大戦が終結すると、一家はピジーノに再び戻ってきた。ダッラピッコラはそこからトリエステに通ってピアノと和声学を学んでいる。フィレンツェのケルビーニ音楽院でも学び、後に同校のピアノ科の教授を務めた。

    ピアニストとしても活動した彼のピアノ作品は、鍵盤楽器の調律法の弦に則して展開している。実感できる「故郷」のないダッラピッコラは、画家や詩人、哲学者との交流を図り、絵画や彫刻、映画、演劇といった他の芸術から、人間の尊厳や自由、虜囚に伴う恐怖など自らの創作のテーマを見出していった。音楽を表現する媒体として人間の肉声を最も尊重し、聖書の他にラテン語、スペイン語、古フランス語、イタリア語、ドイツ語など様々な言語がそのテクストとして用いられている。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>

    作品(4)

    ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) (1)

    協奏曲 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ独奏曲 (2)

    曲集・小品集 (1)

    アンナリベラの音楽帳 アンナリベラの音楽帳

    作曲年:1952  総演奏時間:15分10秒 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ★ 種々の作品 ★ (1)

    ピアノ合奏曲 (1)

    ★ 種々の作品 ★ (1)

    3台のピアノのための音楽 3台のピアノのための音楽

    作曲年:1935  総演奏時間:12分50秒 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)