ホーム > ロシア民謡 > ヴァーニャが長椅子に座っていた(寂しくヴァニャ、ウァーニャがいすに)

ロシア民謡 :ヴァーニャが長椅子に座っていた(寂しくヴァニャ、ウァーニャがいすに)

Russian Folk Songs:Сидел ваня (Sidel vanq)

作品概要

楽曲ID:79914
楽器編成:その他 
ジャンル:種々の作品
  • クリックして画像を開く
  • tab

解説 (1)

編集部コメント : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (251文字)

更新日:2023年11月6日
[開く]

ロシア民謡のうちで有名になっている歌のひとつ。ヴァーニャ(イヴァン)が一人で酒を飲んでいるときのことを歌ったもので、ラム酒を一杯ついで飲み干す前に恋しい人を呼んだというものである。1869年夏、チャイコフスキーがカーメンカ(カミャンカ)で家族と過ごした休みに、その土地の職人からこの旋律を聞いて書き取り、《弦楽四重奏曲第1番》の第2楽章「アンダンテ・カンタービレ」の主題として用いたため広く知られるようになった。その他に、リムスキー=コルサコフが編んだ《ロシア民謡集》の中にもこの民謡が収められている。

現在視聴できる動画はありません。  

参考動画&オーディション入選(3件)

ロシア民謡:ヴァーニャが長椅子に座っていた
チャイコフスキー:「弦楽四重奏曲第1番」より第2楽章
チャイコフスキー:チェロと弦楽のための「アンダンテ・カンタービレ」

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。