ホーム > モンポウ > 歌と踊り 第7番

モンポウ :歌と踊り 第7番

Mompou, Federico:Canciones y danzas

作品概要

作曲年:1944年 
出版年:1949年 
初出版社:Salabert
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:性格小品
総演奏時間:3分00秒

解説 (1)

執筆者 : 和田 真由子 (215文字)

更新日:2008年5月1日
[開く]

1944年に作曲された。 標準演奏時間は3分。歌はレント、8分の6拍子。ホ長調-イ長調。ひとつひとつのまとまりにおいて、リズムの形はあまり変化することないが音色や、強弱を少しずつ変化させながら穏やかに曲が進行する。

『踊り』は4分の3拍子、イ長調。カタルーニャの民謡〈リエラ家の長男〉がもとになっている。全体的には単純なリズムの連なりからなっている。曲のとともに和音にも厚みがでてくるが、そのとき、音が立体的にきこえるようにしたい。

執筆者: 和田 真由子

楽譜 (0件)