ベートーヴェン :第3番 第1楽章 アレグロ

Beethoven, Ludwig van:WoO.47-3 1.Allegro

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:3分30秒
著作権:パブリック・ドメイン

解説 (1)

解説 : 鐵 百合奈 (403文字)

更新日:2020年1月18日
[開く]

1楽章 Allegro アレグロ

ニ長調、4分の4拍子。無邪気なアウフタクトが心の中に舞い降りてくる。三度の重音は温かく、フレーズの語尾(第4小節)はころころと鈴を転がすような笑い声。8小節の主要主題の後、同じく8小節からなる楽しげな会話調の推移部が続き、イ長調の副主題(第17小節~)へ。初めの1小節のみカノン風に始まり、ピアノ協奏曲風の華麗なパッセージに移行する。移行部の最後(第37小節~)に、イ短調に陰った主要主題に副主題と絡めて変奏したものを登場させるなど、聴衆の耳をそばだたせる工夫が秀逸。展開部(第50小節~)はイ長調で開始し、めまぐるしく転調しながら技巧的なパッセージをくり広げる。再現部(第73小節~)の主要主題は短縮され、推移部なしに副主題に突入するが、省略されたかに思えた推移部は協奏曲風のパッセージの後、ひょっこり顔を出す(第95小節~)。定型に近い再現部にも一工夫凝らされている。

執筆者: 鐵 百合奈
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (0件)