ホーム > ウィリアムソン > ピアノ・ソナタ 第4番 ロ長調

ウィリアムソン :ピアノ・ソナタ 第4番 ロ長調

Williamson, Malcolm:Sonata No.4 H-Dur

作品概要

作曲年:1963年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:8分30秒

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (203文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

第一楽章:Maestoso

第四楽章:Allegro

1963年ウィグモア・ホールでのリサイタルにおける初演時には、この作品の第2・第3楽章として、ソナタ第3番の同楽章を半音移調させたものを挿入して発表。後にこの挿入部分なしの2楽章構成として、新たに1994年イギリス音楽情報センターで初演された。

Allegroのジャズ的なリズムは、ウィリアムソンがかつてナイトクラブのピアニストであった経験が反映されている。

楽章等 (2)

第1楽章

総演奏時間:6分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第2楽章

総演奏時間:2分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。