ホーム > ウィリアムソン > ピアノ・ソナタ 第2番

ウィリアムソン :ピアノ・ソナタ 第2番

Williamson, Malcolm:Sonata No.2

作品概要

作曲年:1957年 
献呈先:ジェラルド・フィンジ
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:20分00秒

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (269文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

第一楽章:Quasi lento

第ニ楽章:Poco Adagio

第三楽章:Allegro assai

イギリスの作曲家ジェラルド・フィンジへの哀悼の意を込めて作曲され、当初の楽曲タイトルは“Janua Coeli(天国の門)”と付けられていた。ロビン・ハリソンにより初演。明るく快活なソナタ第1番とは対照的に、重々しく深刻味を帯びた曲想。セリエリスムによって進行されていく中、ところどころ突如中心を登場させるという、ウィリアムソン特有の語法が、この作品の表現力を強化している。

1970年に大幅な改訂を加え、5楽章構成から3楽章構成へと変更。

楽章等 (3)

第1楽章

総演奏時間:8分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第2楽章

総演奏時間:7分20秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第3楽章

総演奏時間:4分10秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。