ホーム > ローゼンブラット > エチュード・イン・ブルー

ローゼンブラット :エチュード・イン・ブルー

Rosenblatt, Alexander:Etude in ”Blue”

作品概要

作曲年:1989年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲

解説 (1)

執筆者 : 加藤 麗子 (200文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

和訳すると「ブルース風練習曲」ということだろう。ジャズピアノ界の巨匠であるOscar Peterson、Garner、Shering の演奏スタイルの特徴を組み合わせている。また、ローゼンブラットはガーシュインをオマージュした作品を幾つか書いている。なおタイトル中の「Blues」はもちろん一般名詞であるが、「ラプソディ・イン・ブルー」への敬意を感じさせる命名である。世界初演はDm. Ratser。

執筆者: 加藤 麗子
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。