カバレフスキー :35の子供のためのやさしい小品 かわいいハリネズミ Op.89-8

Kabalevsky, Dimitri:35 Easy Pieces  A little hedgehog Op.89-8

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:0分20秒
著作権:保護期間中

ピティナ・ピアノステップ

23ステップ:基礎1

楽譜情報:6件

解説 (1)

演奏のヒント : 大井 和郎 (596文字)

更新日:2018年3月12日
[開く]

8. かわいいハリネズミ

この曲の大切なところはなんと言っても「楽しさを表現する」事です。これがこの曲で大切な事です。というのも、この曲はバランスの心配はほぼ無用で、左右の手、どちらも同じ音量でかまいません。複数のネズミをイメージして、どちらも同様に扱います。また、レガートも1音も無いのでむしろスタッカートを如何に短く、軽く弾くかが次に大切な事です。

さて、強弱ですが、筆者の楽譜にはマーキングは、メゾフォルテ、ピアノ、フォルテの3種類が書かれています。

構成は、4小節ずつ3段と考えます。

1段目、メゾフォルテで始まります。最初の2小節よりも、3-4小節間の方が若干おとなしめかもしれません。1-2小節間と3-4小節間では表情を微妙に変えてみましょう。

2段目、忙しい様子の描写です。停まらずに、しかし走らずに5-8小節間を弾きます。ダイナミックはメゾフォルテのままで良いでしょう。特にシェーピングの必要もありません。

3段目、pから始まり、最後はフォルテ+アクセントで終わりますのでかなり強くなりますね。pから徐々にクレシェンドして、遠近感を表現し、フォルテで終わります。ritなどもかけません。

この曲は単純に、少し打楽器的に弾いて良いと思います。テンポはメトロノームのように正確に弾き、短いスタッカートで楽しく弾きます。楽しさを表現し、そしてダイナミックの幅も広く持つことが大切です。

執筆者: 大井 和郎
現在視聴できる動画はありません。